大阪で注文住宅を建てる際によくある失敗

住宅街

注文住宅で選びたい屋根材料

3軒並んだ家

注文住宅では屋根や外壁、内装部分の仕上げを選ぶことができる場合があります。特に屋根材は住宅の中でも大切な部分です。建築の主な目的は風雨を防ぐことです。住宅はきびしい自然環境から、住む人々を守るのが主な役割です。
注文住宅では、屋根の材料を選ぶ場合は慎重な配慮が必要です。注文住宅で用いる屋根材は大きく分けると次の通りです。
粘土を高温で焼いてつくった瓦、アスファルトに骨材を入れて固めたコロニアル系の屋根材、コンクリートの瓦や平板を用いた屋根材、鉄板系の屋根材です。この中で特に性能が優れるのが瓦です。瓦は耐久性があり、防水性も高い材料です。音を通しにくいので豪雨が降っても室内にいると気付かないこともあります。瓦は長い歳月を通しての気候の変動や温度変化にも対応し、安定した性能を長期間維持します。大地震が起きて位置がずれない限り、建物の存在期間中メンテナンスをほとんど必要としません。
瓦の欠点は重いことで、注文住宅の屋根を瓦にする場合は地盤も丈夫である必要があり、構造体も頑丈につくらなければなりません。鉄板系の材料ではガルバリウム鋼板が主流です。従来の亜鉛鉄板よりも耐久性が長く、経済的な材料です。注文住宅では、さらに高品質なフッ素鋼板を用いることも薦められます。

Recent Contents

デザイン重視の注文住宅には注意

虫眼鏡で見た家

注文住宅は自分で好きに住宅を設計できますから、色々と凝った作りにしたりこだわったりで…

»Read more

注文住宅で選びたい屋根材料

3軒並んだ家

注文住宅では屋根や外壁、内装部分の仕上げを選ぶことができる場合があります。特に屋根材…

»Read more

注文住宅を建てる地元工務店の選び方

リビング

注文住宅を東金市の工務店に依頼する場合は、良い工務店を探す必要があります。建設業界は…

»Read more

建売住宅と注文住宅の違い

白で統一された家具

住宅を建てる際の購入先は様々ですが、住宅メーカから購入する場合は大きく建売住宅と注文…

»Read more

TOP