大阪で注文住宅を建てる際によくある失敗

住宅街

建売住宅と注文住宅の違い

白で統一された家具

住宅を建てる際の購入先は様々ですが、住宅メーカから購入する場合は大きく建売住宅と注文住宅にわかれます。建売住宅とは、土地と出来上がった建物がセットになっているもので、分譲住宅と同義を指すかと思います。建売住宅の特徴は、購入者のほうで住宅の間取りや設備機器等を基本的には選択することができず、出来合いのものを買うことになります。住宅会社が生産性の高いプラン等を選定できるので割安に住宅供給をできるというメリットがあります。
対して注文住宅は、住宅会社が守らなければならないルールに従い、自由にプランニングをすることができるのが特徴です。注文住宅のメリットは、自分の好みに仕上げることができるというのが特徴ですが、割高になるのが特徴です。しかし、上手いプランニングや設備仕様等をコントロールすることができればそんなに割高にはならないかと思います。
建売住宅は自分が望まない設備がついていたり仕上げになっているなど我慢をすることも料金に含まれていると考えると、注文住宅は思うような設備や仕上げをある程度自分で選定することができる可能性が高いので、満足度が高くなる可能性も十分にあります。建売と注文を両方行っている会社であれば率直に営業担当に聞いて比較してみるのもありでしょう。

Recent Contents

デザイン重視の注文住宅には注意

虫眼鏡で見た家

注文住宅は自分で好きに住宅を設計できますから、色々と凝った作りにしたりこだわったりで…

»Read more

注文住宅で選びたい屋根材料

3軒並んだ家

注文住宅では屋根や外壁、内装部分の仕上げを選ぶことができる場合があります。特に屋根材…

»Read more

注文住宅を建てる地元工務店の選び方

リビング

注文住宅を東金市の工務店に依頼する場合は、良い工務店を探す必要があります。建設業界は…

»Read more

建売住宅と注文住宅の違い

白で統一された家具

住宅を建てる際の購入先は様々ですが、住宅メーカから購入する場合は大きく建売住宅と注文…

»Read more

TOP